マックビースペシャルソフトカプセルが誕生するまで

マックビースペシャルソフトカプセルがこの世に誕生するまでには、長い長い月日が費やされています。

1979年インカ帝国最後の都市、ビルカバンバを訪れた日本人、現在、株式会社マックビー代表 長島 孝樹氏。

ビルカバンバ滞在中、腹痛で倒れたことがツルレイシとの出会いでした。

腹痛で苦しんでいた長島氏に、ビルカバンバの村民がある薬草を飲ませてくれたのです。

それがツルレイシです。

ビルカバンバの人々は、何故こんなに元気で長生きなのか?

その秘密はこの薬草ではないか?

そこから長島氏の平戸ツルレイシの研究がスタートしたのです。

そしてこの平戸ツルレイシの成分を探し求めていたのが、世界的創薬研究の権威、アリセプトの開発者、杉本八郎教授です。

認知症になった母への思いから、教授もまた長い長い月日を費やし、認知症薬の研究に邁進し続けてきました。

各々の熱意がいつしか二人を引き合わせ、共同研究がスタート!

日本の宝、そしてこれから世界の宝になるであろうマックビースペシャルソフトカプセルが形となったのです!

そんな二人の情熱と、それを支える周りの方々の熱意がこもった健康機能食品、マックビースペシャルソフトカプセルを、株式会社アースホールディングスから皆様にお届けし、皆様に元気と笑顔をもたらせることが出来れば幸いでございます。

♯マックビースペシャルソフトカプセル ♯スーパーサプリメント ♯認知症改善 ♯認知症予防 

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示