認知症予防の重要性

2025年、800万人の団塊の世代が後75歳以上の期高齢者になる年です。

その際、認知症の患者数は730万人にも上ると予想され、医療費や介護費の急増が懸念されています。

その後も認知症の患者数は加速度的に増え、2030年には830万人、2050年には1000万人を超えると推計されています。


今現在、働き盛りで、第一線で活躍されているビジネスマン、ご自身で切り盛りされている自営業者、フリーで活躍されているエンジニアやデザイナー、医療関係者など、第一線でバリバリ働かれていらっしゃる方は、自分が認知症になるなんて!って思いますよね。

認知症になったとしても、まだまだ先の話だって思ってしまいますよね。


しかし認知症の原因、アミロイドβは、40台後半位から頭の中に巣を作り始めます。

約20年程かけてためこまれたアミロイドβが、タウたんぱくへと変化します!

このタウたんぱくが、脳細胞を攻撃、死滅させると言われています。


要は、働き盛りの時から、認知症の素が頭の中に徐々に徐々に蓄積されていき、60代、70代になった時に、認知症を発症させます!


マックビーは現在、厚生局の認可の下、久留米大学にて人体臨床に入っておりますが、

人体臨床に進む前に、試験管臨床、動物臨床にて、このアミロイドβを76,6%、タウたんぱくを86,7%抑制する研究結果を出しています。


つまり、認知症を発症する前の、アミロイドβの段階で、それを抑制することで、認知症の発症を防ぐことが出来るのです!


認知症になってから、マックビースペシャルを飲んで改善させればよいではないか。

そういった考え方もありますが、認知症になってしまったら、認知症を改善しようなんて考えはもちろん、行動に移すこともできないでしょう。

認知症とは、そういった判断力を失っていく病気ですから。


老年期を迎え、これから、趣味や旅行、習い事など、充実した老年期を送りたいと思っていた時に、顔を出すのが認知症です。


人生100年時代をいかに生きて行くか。

大切なのは健康寿命です!

自分の人生を自分らしく、自分の意思で生きて行くために、まずは認知症を予防することが重要です!


♯マックビースペシャル ♯認知症予防 ♯認知症改善 ♯サプリメント

♯健康寿命 ♯アミロイドβ ♯タウたんぱく


















3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示